MSRもシームテープが不要になりました<エクストリームシールドシステム>

テント

ヒルバーグ・ニーモに続いてMSRもシームテープが不要となりました(一部のモデルは除く)、本格的に縫い目の防水処理(目止め)は不要な時代へ。

エクストリームシールドシステム

この新しいコーティングは、従来の標準的なコーティングと比較して約3倍長持ちします。さらに、正確で耐水性が高い縫製によってシームテープをなくし、経年劣化によってシームテープが剥離するトラブルを解消すると同時に軽量化にも貢献しています。

縫い目の防水処理(目止め)は不要な時代になってきた<ヒルバーグ・ニーモ>
縫い目の防水処理(目止め)は必要ですか?ヒルバーグではこう回答しています。 ヒルバーグ社では、シーム(縫い目)が強固で丈夫になるような縫製手法を採用していますので、ヒルバーグ社のテントにシーム・シーリングをする必要はありません。ヒ...

 

MSRテントはポールも韓国DAC社ではなくアメリカのイーストン社製が多くなってきました。軽量化はするけどスペックは落とさないよというMSRのテント、今後も注目ですね。

MSR Xtreme Shield System

 

 

Share

コメント

タイトルとURLをコピーしました