テントやタープのシームテープの貼りかえ、今は頼める業者さんも多くなってきましたけど自分でやる場合はアイロンが必需品。

この頃はシームテープよりシーリング剤での目止めの方が好きでシームテープが劣化した場合は剥がしてシーリング剤で目止めしてます。

でもシームテープの「ちょっとした浮き」や「補修のための補強」でシームテープを使うことがあります。

そんな時に使えるのが「裁縫こて」。

テント、タープのシームテープの貼りかえや補修に便利なアイロン<裁縫こて>1

裁縫こて

シームテープの貼り換えや補修などでとても便利な「裁縫こて」。

通常のアイロン比べてとてもコンパクト、そして一番のおすすめポイントは端や曲線部分などの細かい作業がし易いこと。

温度も「低」で80度~120度、「中」で140度~160度、「高」で180度~190度ですので通常のアイロンより低め。テントの素材、シームテープの厚さ、あて布の厚さなどで設定温度は異なりますが自分は「中」と「高」を使用してます。

先の形状が細かい作業に便利。

テント、タープのシームテープの貼りかえや補修に便利なアイロン<裁縫こて>2

裁縫こての欠点

小さいが故に軽いです、その為通常のアイロンのように自重を利用することは出来ません。

シームテープ貼り換えにには必要ありませんがスチームの穴なんてものもありません。

テント、タープのシームテープの貼りかえや補修に便利なアイロン<裁縫こて>3

補修程度の利用であれば全く問題ありませんが、タープのシームテームの貼り換えなどで長い距離を処理していく場合疲れてしまいます。

なので直線の長い距離は「通常のアイロン」を使い角や曲線は「裁縫こて」を使うという使用方法が一番いいかもしれません。

テント、タープのシームテープの貼りかえや補修に便利なアイロン<裁縫こて>5

 

 

テントやタープのシーリング・目止め・目止め処理<シームシーラー/シームグリップ>目止め剤の塗り方

 

Share