鉄黒皮厚板フライパンを購入して使うようになってから鉄製の調理器具が好きになりました。キャンプではアルミ、ステンレス、チタンなどのコッヘルを使ってましたがオートキャンプなら多少の重さには目をつぶれるので鉄もあり。

キャンプを始めた頃ダッジオーブンというものは知らなかったし周りに使っている人いなかった。でも今はテレビなどでキャンプ番組を見ると必ずダッジオーブンが出てくる。

そもそもキャンプは遊びがメインだったので、キャンプでは凝った料理はあんまりしませんでした。ほとんど温めて終わり、お腹が一杯になればそれでいいという感じの食事。でもテレビを見ているとダッジオーブンなら自分でも料理が上手く出来るかもと思ってしまう・・・・・勘違い?

そこで今更ですがダッジオーブンを買うことにしました。

ところがいざダッジオーブンを買うとなると種類がおおくて選ぶのが大変、そうそう買い替えはしないと思うので、購入前にシロートなりにダッジオーブンについていろいろ調べてみました。

「はじめてのダッジオーブン選び」、ダッジオーブンをシロートが購入するまでの道のりです。

ダッジオーブンの大きさは

なんでもそうですがダッジオーブンにはサイズがあります。売れ筋は10インチらしい、一人ならもっと小さく、大人数ならもっと大きくがだいたいの基準みたい。

 

ダッジオーブンの材質は

ダッジオーブンと言えば鋳鉄ですが市場には黒皮鉄板、ステンレス製のダッジオーブンも存在します。

〇鋳鉄 ・・・ 銑鉄を一旦溶かして、型に流し込んで出来上がる鋳鉄を利用した調理器具。鋳鉄はダッジオーブンに一番適した材質らしいのですが温度変化に弱く、衝撃で割れやすいという欠点がある。また、手入れを怠るとすぐ錆びる。
※鋳鉄は鋼板に比べると、炭素量が多い。
※鋳鉄表面の炭素の粒が、水分や油分を浸透させるため、油馴染みが良い。

〇鉄(黒皮鉄板) ・・・ 鉄の調理器具とは鋼(はがね)の鋼板を加工して製造されたもの。黒皮鉄板は酸化皮膜で表面が覆われているので黒皮鉄板のダッジオーブンはサビやキズに強い。
※空焼き等で形成させる酸化被膜のミクロンレベルの凸凹によって油馴染みが良くなる。

〇ステンレス ・・・ 錆びにくいというのが最大の特徴、ですが絶対に錆びないわけではありません。ステンレス製のダッジオーブンは手入れも楽なのですが高価。

※ステンレスも錆びる錆びて穴の空いたSnowPeak(スノーピーク)のステンレス「フィールドクッカー」

錆びて穴の空いたSnowPeak(スノーピーク)のステンレス「フィールドクッカー」。

 

シーズニング

ダッジオーブン用語で良く出てくる「シーズニング」、「シーズニング」って一体何?

シーズニングとは(メーカーの説明)

アウトドアメーカーのホームページでは「防錆ワックスを取り除く」ことをシーズニングとしている場合や「防錆ワックスを取り除く」+「油膜を形成させる」をシーズニングとしてる場合など説明がまちまちでした。

正確には「シーズニング」=「油膜を形成させる」らしい。

油を塗ってどんどん料理に使えば自然にシーズニングされていくとも老舗メーカーLODGEのサイトでは紹介されている。

つまり「シーズニング」とは「油膜を形成させること」、「シーズニング」の方法はいろいろ

① 油を塗ってどんどん料理に使う。(自然に任せたシーズニング)
② 油でなじませ火にかける作業を4、5回繰り返す。(よく推奨されている一般的なシーズニング)
③ 油でなじませオーブンの中でしばらく焼く。(メーカーが出荷前にやるシーズニング)

老舗のLODGE製品はオーブンの中で焼くシーズニングを出荷前に行っているらしいので「シーズニング」=「オーブンで焼く」がシーズニングの定説になっているのかもしれません。

シーズニングとは、食用油をフライパン本体全面に均等に吹き付けて、 オーブンの中でしばらく焼いて油膜を形成させることです。 これによって、錆びにくく、こびり付きにくくなります。

※参考 フライパン倶楽部

 

シーズニングは必要?

鋳鉄製 ・・・ 基本的にシーズニングは必要!

※シリコン樹脂塗装されたもの → シーズニング不要、使い込んでくるとシリコン樹脂が剥がれてくるので表面に薄く油を塗る。<スノーピークなど>
※植物油で出荷前にシーズニングされているもの → シーズニング不要<LODGE、コールマン、ロゴスなど>

黒皮鉄板製 ・・・ 基本的にシーズニングは必要!

※シリコン樹脂塗装されたもの → シーズニング不要。使い込んでくるとシリコン樹脂が剥がれてくるので表面に薄く油を塗る。
※クリヤー塗装されたもの → クリヤー塗装を剥がれるまで使う利用方法ならシーズニング不要、購入時すぐにクリヤー塗装を剥がして使うならシーズニングは必要。

鉄の中華鍋やフライパンは通常、製造からお客様の手元に届くまでの錆を防ぐため、クリヤー塗装が施してあります。もちろん、この塗装は食品衛生に合格している、人体に無害なものですが最初に使用するときは、やはり取り除いたほうがよろしいでしょう。

この塗装は250度位の高温で焼き付けられており、化学的にも安定しているため適当な溶剤が無く、焼き切るしか方法が有りません。

引用<和平フレイズ株式会社 鉄製品について

唯一黒皮鉄板製のダッジオーブンを販売しているユニフレーム、カタログにはご使用前の準備としてクリヤラッカーの焼き切り→野菜炒めの油なじみが指示されていますので、ユニフレームは黒皮鉄板シーズニング必要派です。
※現在、黒皮鉄板+シリコン樹脂塗装のダッジオーブンは販売されていません。

ステンレス製 ・・・ シーズニングはやってもいい!?

ステンレスは錆びにくいので鋳鉄、黒皮鉄板のような錆止め用ワックスは塗られていないようです。なので錆止め用ワックスを取り除く「空焼き」は必要ありません。しかし「シーズニング」=「油膜を形成させる」を行う方法はいろいろなサイトで紹介されています、効果は知りません。

 

ダッジオーブンのコーティングについて

錆止め ・・・ 錆びやすい鋳鉄製のダッジオーブンに施されている場合が多い、錆止めは空焼きで除去しないといけない。

クリアラッカー塗装 ・・・ はじめに取り除くことを推奨しているケースがほとんど。

シリコン樹脂塗装 ・・・ 空焼き不要、一部ではクリアラッカー塗装同様に使う前に剥がす人もいるらしい。(自分はこれに賛同します、下記「コーティングは剥がれてくる」参照)

 

コーティングは剥がれてくる

使用している黒皮鉄板製フライパン、表面にはシリコン樹脂塗装が施されていました。シリコン樹脂塗装の鉄製調理器具ではクリヤー塗装と違い最初に焼き切り作業はほとんど推奨されていません。体に害はないのでそのまま使ってという説明です。

当然使用していくと部分的に剥げてきます。

コーティングは剥がれてくる 10月

この中途半端に残った部分が焦げ付きやすい、気持ち悪いのでナイロン不織布で一生懸命擦って落としました。

油を塗っていい感じになりました。。。。(^^)

コーティングは剥がれてくる 3

 

次ページはダッジオーブンに洗剤は使える?

 

Share
1 2