エアー式のスリーピングマットが秀逸なKLYMIT(クライミット)、Static V(スタティックV)の軽量版Static V2(スタティックV2)をチェックしてみました。

 

Static V(スタティックV)はファブリックがトップ30D、ボトム75DでしたがStatic V2(スタティックV2)ではトップ30D、ボトム75Dになりました。その分51g軽量化されています。

KLYMIT(クライミット)のエアーマットはトップ30D、ボトム75Dのものとトップ75D、ボトム75Dのものがモデルごとにラインナップされることが多いです。

 

人気のINERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)ブルータイプがトップ30D、ボトム75DなのでStatic V2(スタティックV2)はそれと同じ使用になりました。

 

スタティックシリーズの特徴はVチェンバーシステムとサイドレールシステム。

VチェンバーシステムはVチェンバー式のチューブで空気の流れを抑制する事で、熱の発散を防ぎ温かさを効率良く保ち、さらには身体全体を均等にサポートする事ができます。また、チェンバーチューブ間の溝を深くデザインする事で、接地面積を最小限にし、さらにはシュラフのロフトも溝内に格納でき、効率の良い保温を実現します。

サイドレールシステムは59cm幅のスタティックシリーズの安定感を高めます。

 

Static V2(スタティックV2)の厚さは6.5cm、厚すぎないのでエアーマットが苦手な方でも大丈夫かもしれません(苦手な僕でも大丈夫でした)

長さ、幅とも国産モデルより大きいので、とても快適なマットです。

 

<右はINERTIA-O zone(イナーシャ オゾン)ブルータイプ>

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)1

 

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)2

 

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)3

 

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)4

 

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)5

 

KLYMIT(クライミット) のStatic V2(スタティックV2)6

 

重量:約463g(スタッフサック別)

サイズ:約183×59×6.5cm

収納サイズ:約7.6cm×20.3cm

R値:1.3

付属品:スタッフサック、修理キット

 

 

Share