ミニマムなテントにおススメなオクトスのアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>。とても軽量なグランドシートでミニマムなキャンプにおすすめです。

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>2

グランドシートの役割

「テント下部の汚れ防止」と「耐久性の向上」。以前は75Dあたりがボトムに使われていましたが、この頃は30Dあたりが標準になってきてます、UL系のテントには15Dなんて薄いものもありますので昔よりグランドシートの重要性は増していると思う。

oxtos(オクトス) アンダーグランドシート

素材は30Dナイロンウレタンコーティング 、1人用から4人用までのサイズがあり価格は3024円~4104円。

縫い合わせの部分にはシームテープ加工、四隅には固定用のループがあります。

1人用

【サイズ】
1人用 / 205cm×90cm
収納袋 / 縦12×横7.5×マチ4cm
【平均重量】
約129g(収納袋4g含む)
【カラー】
オレンジ、カーキ

2人用

【サイズ】
2人用 / 205cm×120cm
収納袋 / 縦12×横7.5×マチ4cm
【平均重量】
約169g(収納袋4g含む)
【カラー】
オレンジ、カーキ

3人用

【サイズ】
3人用 / 207cm×145cm
収納袋 / 縦12×横10×マチ4cm
【平均重量】
約165g(収納袋5g含む)
【カラー】
オレンジ、カーキ

4人用

【サイズ】
4人用 / 215cm×180cm
収納袋 / 縦12×横10×マチ4cm
【平均重量】
約215g(収納袋5g含む)
【カラー】
オレンジ、カーキ

【アンダーグランドシート表裏について】

どちら側を表裏に使用しても効果は同じです。

コーティング面(マークを縫いこんでいる側)を下にすると
泥などの汚れは濡れた雑巾などでふき取りやすくなります。

テントの設営場所が岩などでゴツゴツしているような場所
でしたら、コーテイング面を下に向けるとコーテイングに傷が
付いて防水性が損なわれる場合がございます。
その際は、コーティング面を上に向けて使用して下さい。

設営場所によって使い分けていただければ良いかと思います。

こちらがマークが縫い込んであるコーティング面、シームテープもこちら側です。

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>30

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>4

こちらが逆側、汚れが落ちにくいと説明されている面です。でも自分はこちら側を下にしています。グランドシートはテントの汚れを防ぐために敷いているので汚れてもOK、汚れよりもコーティング面(シームテープ側)は大切にしたほうがいいと個人的には思う。

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>5

畳んだ状態はとても薄く小さくなります。

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>6

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>7

軽量テント30Dでもフロアでもこのグランドシートを敷けば30D+30D=60Dになるので安心できますね。

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>8

※これは軽量テントではありません・・・

 

 

Share
スポンサーリンク