ダウンシュラフ(寝袋)やダウンジャケットの自宅で洗濯出来るというのは今の常識。気をつけることは、よく言われるてますが洗濯で羽根がもっている油分を取り除いてしまうと、ダウン特有のふわっとした羽根が失われてしまうということ。

どんな洗剤を使えばいいのでしょおうか?参考までの各メーカーの案内を見てみると。

 

The North Face
洗濯はウエアについている洗濯取扱い表示にしたがって行います。
洗剤は専用のダウンクリーナーをご使用ください(通常の合成洗剤を使用するとダウンの持つ重要な油分まで失われてしまう可能性があります)。
汚れのひどい箇所は、事前にダウンクリーナーを少量つけて歯ブラシなどでこすっておきます。

モンベル
一般の家庭用洗剤はダウンの天然油分を奪い、保温性を低下させてしまいます。「ダウンクリーナー」などのダウン製品専用の洗剤を使用ください。

イスカ
一般的に30泊から50泊程度が洗濯の目安といわれているようですが、目立った汚れが無いようでしたら、
頻繁に洗濯することは、むしろダウンの劣化にもつながり、あまりおすすめできません。
汚れが目立ってきたり、局部的な汚れがあった場合には、部分洗いをまず検討してください。
全体を洗う場合には、「中性洗剤」などのマイルドな洗剤を使用してご家庭でも洗濯可能です。その場合には、しっかりとすすいで、十分時間をかけた乾燥を心がけてください。
ダウンに湿気が残っていたり、すすぎが不十分だと、湿気を持ったときに洗剤の臭いを感じることがあります。
クリーニング業者に依頼される場合は、ダウンジャケットなどの十分な実績がある業者にご相談されることをおすすめします。※当社でも対応は可能です。

ナンガ
シュラフは洗ってはいけない!と思っていませんか?
ほとんどの登山者が今やダウンシュラフを使用しているにもかかわらず、汚れていてもなんとなく「保温性が下がりそう」、「高価なモノだから洗うなんてコワい」という方が多いのではないでしょうか。
実は汗や油でダウンがくっついてしまっているものを、洗うことにより、もとのホワホワのダウンによみがえります。毎回洗う必要はないですが、汚れたら洗う方がシュラフのため、そして、あなたのためになります。汚れたシュラフで我慢して寝ていても快適ではないですもんね。そこで正しいダウン シュラフの洗い方を紹介します。

ダウンシュラフの洗い方

 

 

使う洗剤は中性洗剤で間違いないんですけど、問題は濃度みたいです。中性洗剤を薄めて使うというのが間違いなさそうです。

問題はどのくらい薄めるか、これがわからないのでシロートはダウン専用の洗剤を使うほうがいいですね。

 

洗濯方法

ダウン製品専用の洗剤を使用します、レビューも多く信頼の出来るものを選びましょう。

NIKWAX(ニクワックス)ダウンウォッシュダイレクトは最近多くなってきた撥水加工済みダウンシュラフにも使えるようになったそうです。(旧商品LOFT ダウンウォッシュは撥水加工済みダウンは未対応)

洗濯機という選択もあるのですが僕は風呂場で手洗い派です、洗いながら汚れた部分も確認できますし洗濯後愛着がわきます。

pict12pict13

温めのお湯で洗い、洗剤が残らないようによく濯ぎます。

 

洗濯後の撥水加工

撥水処理を行う場合は、ここからです。洗濯後少し水を切ってぬるま湯に撥水剤を溶かした湯船に時々かき混ぜながら5~10分程度浸け置きます。その時に軽く揉み洗いするように攪拌(かくはん)してあげるのがポイントみたいです。

最後に撥水剤を濯いで撥水加工は終了です。

 

乾燥

僕のやり方は風呂場で少し吊しておきます、シュラフ下側にたまった水は押すように取り除きます。(絞るのはよくない)タオルより車の洗車用の大きめなセーム革などがよく水分を吸ってくれます。僕の経験では脱水機での脱水はできませんでした。(洗濯機がボロいのかもしれませんが・・・)ナンガは脱水機を使わないようにと書いてあるので使わない方がいいのかもしれません。

pict14

そして乾燥機へと移します。

pict15

なかなか完全に乾きませんのでドライヤーや布団乾燥機などを使うこともあります、そのときに偏ったダウンを軽く叩いて直していきます。

だいたい乾いたなと思っても最低でも1週間くらいは部屋に吊るしておきます。

pict16

<画像 モンベルスリーピングバッグの洗濯方法

 

おすすめの商品は

スプレータイプでメジャーなのはドイツのコロニル、溶剤タイプではイギリスのNIKWAX。今回は溶剤タイプを使用しての洗濯、撥水加工なのでNIKWAXが僕はおすすめです。

ダウンの場合は

「ダウンウォッシュダイレクト」+「ダウンプルーフ」

化学繊維の場合は

「テックウォッシュ」+「TX.ダイレクトWash-in」

 

 

Share