スポンサーリンク
タープ・シェルター

自立式タープ(ワンタッチタープ)のイメージを変えた「鎌倉天幕 キャンプカスタム」

DAYキャンプを少し楽しむようになってDAYキャンプの楽しみ方が少しわかってきました。 泊りキャンプでは「遊び」がメイン、「遊び」場所の近くに泊まる。そして夜は「食べる」を軽く楽しむスタイル。キャンプが付随する登山キャンプほどではあり...
テント

ミニマムなテントにおススメなアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>

ミニマムなテントにおススメなオクトスのアンダーグランドシート<30Dナイロンウレタンコーティング>。とても軽量なグランドシートでミニマムなキャンプにおすすめです。 グランドシートの役割 「テント下部の汚れ防止」と「耐久性の向上」...
テント

シームテープ(シーリングテープ)は素材によって種類が違う<PU?ゴアテックス?3、2.5、2レイヤー?>

テントやタープ、雨具など縫い目から水が浸入しないように貼られるシームテープ、時間の経過とともに劣化してしまいます。 そんなシームテープの貼り換え作業は道具を長く(しぶとく)使うには避けて通れない作業。 目止めにはシームテープ以外...
スポンサーリンク
テント

テント、タープのシームテープの貼りかえや補修に便利なアイロン<裁縫こて>

テントやタープのシームテープの貼りかえ、今は頼める業者さんも多くなってきましたけど自分でやる場合はアイロンが必需品。 この頃はシームテープよりシーリング剤での目止めの方が好きでシームテープが劣化した場合は剥がしてシーリング剤で目止めし...
タープ・シェルター

デイキャンプ(DAYキャンプ)もワンタッチサンシェードでミニマムキャンプ

デイキャンプではテントやタープが必須ですがあんまりかさばるものは避けたいですよね。そこで前々から欲しかったのが広げてポンのワンタッチサンシェード。 小さくても高さがそこそこある「Coleman(コールマン) クイックアップIGシェード...
テント

テントのショックコード交換<イーストンポール実践編>

前回のDACポールのショックコード交換に引き続き今回はイーストンポールのショックコード交換に初挑戦しました。手順は理解したのですがイーストンポールの太さが12.5mm、ゴム径3.5mmと大型のイーストンポールだったため、ちょっと長期戦になっ...
テント

ブラックダイヤモンドから軽量シェルターが新発売<ディスタンスシェルター/Black Diamond Distance>

ブラックダイヤモンド/BlackdDiamondと言えば「ファーストライト」や「ハイライト」ですが近年のULブームの影響か2人用で725gという軽量なシングルウォールシェルターが登場しました。 特徴はトレッキングポールを使うこと、トレ...
テント

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear)のNEWカラーは日本人に受け入れられる?!

マウンテンハードウェアのテントの色が一新されました、新色は白+赤+ターコイズ。ちょっと今までにはない組み合わせ。 山では目立っていいかもしれませんがミニマムなオートキャンプとなるとどうでしょうか? かなりのオシャレ上級者以外はハ...
テント

「ZERO1」シリーズの最新「ZERO1 MF」は「ZERO 1 PATHFINDER」とどこが変わったのか

「ZERO1」シリーズから「ZERO1 MF」が発売になりました。前作「ZERO 1 PATHFINDER」とどこがかわったのでしょうか? カタログ比較 ●ZERO 1 PATHFINDER スペック: ミニマム重量: 6...
テーブル/チェア

テント内でも外でも使える便利な小型テーブル<Onwayミニウイングテーブル>

キャンプ用の椅子を使ってから大好きになったブランド「Onway/オンウェー」、今回はテントの中での使える小さいテーブルが欲しくてミニウイングテーブルを購入しました。 アーチ型のトレーが両サイドについて便利なテーブル。天板を...
テント

テントのショックコードの交換方法<DACポール・イーストンポール>

テントのショックコードは使用しているうちに伸びてきます、特にDACポールは・・・。ポールのショックコード伸びると設営、撤収が面倒になります。 今回は自己流ですがDACポールのショックコード交換方法をご紹介します。 ショックコ...
タープ・シェルター

ヤリ 3×3(YARI 3×3)の発売が少し延期されました<tent-Mark DESIGNS >

tent-Mark DESIGNSから発売が予定されていた「tent-Mark DESIGNS ヤリ 3×3(YARI 3×3)」、2019年2月中旬予定でしたが3月上旬~中旬入荷予定に変更されました。期待していたので発売延期はちょっと残念...
道具

キャンプでツーバーナーは必要?シングルバーナー2個じゃ駄目?

オートキャンプで便利なツーバーナーストーブ、でもツーバーナーは必要?シングルバーナー2個じゃ駄目なの? 同時に火口が2個必要なのか、どんな大きさの調理器具を使うのか、どこで使うのか(外、全室、シャエルター、テント内?)、いろいろな要素...
道具

パン・お餅、定番のトースター(ロースター)を実機で比較してみる<プリムス・ユニフレーム>

キャンプや登山・トレッキングでパンやお餅も焼くのに便利な焼き網セット、メーカーによってトースター、ロースターという呼び名で売られています。 最初に買ったのは「PRIMUS(プリムス) フォールディングトースター」、パン以外に使ったりも...
テント

エントリーユーザーにおすすめのホールアース(Whole Earth )のアースドーム3代目<EARTH DOME Ⅲ>

ゼビオに行くとよく見かけるホールアース(Whole Earth )、ポールワーズ(POLEWARDS)と名前が似てるけど全く別ブランド。そんなホールアース(Whole Earth )のテントがなかなかいい。 人気はないけどポールワーズ...
小物

キャンプ、アウトドアで使う折り畳み式キャリーカートに必要なサイズは?

重い荷物を運ぶのに便利なキャリーカート、キャンプではワゴンタイプのキャリーカートも人気です。ワゴンタイプのキャリーカートはキャンプ用に持っています、でもワゴンを使うほど荷物はない、またはワゴンと一緒に使いたい、そんな時にあればいいのはやっぱ...
タープ・シェルター

ミニマムにティピーテントと薪ストーブが楽しめる<シークアウトサイド(Seekoutside)の道具>

ミニマムにティピーテントで薪ストーブ、そんなことを叶えてくれるブランドがシークアウトサイド。ティピーテントはシルナイロン、薪ストーブはチタンとミニマムキャンプには最高の組み合わせ。 シークアウトサイド(Seekoutside)...
道具

はじめてのダッジオーブン、失敗しない選び方「材質・コーティング・シーズニング」

鉄黒皮厚板フライパンを購入して使うようになってから鉄製の調理器具が好きになりました。キャンプではアルミ、ステンレス、チタンなどのコッヘルを使ってましたがオートキャンプなら多少の重さには目をつぶれるので鉄もあり。 キャンプを始めた頃ダッジオ...
タープ・シェルター

テントやタープのシーリング・目止め・目止め処理<シームシーラー/シームグリップ>目止め剤の塗り方

目止めは内側から?外側から? シームシーラー/シームグリップでの縫い目の目止め(浸水対策)は内側から?外側から?これ悩みます。 目止め処理・縫い目処理(シーム防水処理)はテープ状のものを貼り付ける方法か、ジェル状のものを塗るかのどっ...
タープ・シェルター

ミニマムなコンパクト2ルームテント<DT-004 / ロガ4 ゼインアーツ/ZANE ARTS>

設営がし易く風にも強い、通称「カマボコテント」そんな2ルームテントが人気です。完全なカマボコテントではありませんが気になるテントが発売になりました。 長野県松本市の新興ブランド「ゼインアーツ(ZANE ARTS)」が発売した「DT-0...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました